コンテンツにスキップする

KDDI:不動産子会社のKDDI開発を3月末までに売却へ(4)

移動体・長距離通信大手のKDDI は不動産子会社のKDDI開発(東京都新宿区)の全株式を一括して今年3月末 までに売却する。本業への経営資源の集中と売却資金による有利子負債削減が狙 い。KDDI広報部の福間洋介氏が24日明らかにした。

KDDI開発は約120億円の有利子負債を抱えている。KDDIは昨年9月 末時点で約1兆6800億円ある有利子負債を3月末までに約1200億円減少させる 計画を打ち出しており、KDDI開発の売却により、有利子負債の削減を進めた い考えだ。

KDDI開発は旧KDDが1987年に設立し、ゴルフ場経営や賃貸ビル事業 を手掛けてきた。

24日の日本経済新聞朝刊は、KDDIがKDDI開発の全株式とKDDI 開発に賃貸している土地をオリックスに約180億円で3月末までに売却すると報 じた。KDDI開発の有利子負債もオリックスが肩代わりするもようで、KDD Iは今回の売却で負債を約300億円分削減できる見通しという。

オリックス社長室・広報グループの機谷俊夫氏は「(買収を)検討しているが、 まだ正式に決まっていない」とコメントした。

今回の子会社売却についてメリルリンチ証券の合田泰政アナリストは、「金 額が小さく、影響は少ないが、KDDIは有利子負債削減に向け、やるべきこと をやっている」と指摘。同社の財務状況に関しては「今後は本業からのフリー・ キャッシュ・フロー(純現金収支)が毎年2000億円程度出てくるため、有利子 負債は急速に減っていくだろう。財務体質は好転している」と分析している。

KDDIの株価終値は前日比6000円(1.6%)安の37万3000円。

東京 矢沢 利弘 Toshihiro Yazawa

伊藤 小巻 Komaki Ito --* (03)3201-8982 tyazawa@bloomberg.net Editor:Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE