東燃ゼネラル:前期純利益は予想比2.1倍-寒さと原発停止で需要増加

米メジャー(国際石油資本)エクソン・モー ビル系の東燃ゼネラル石油は、前期連結純利益を予想の2.1倍に上方修正した。冬の寒 さによる灯油の需要増加と、一部の原子力発電所停止による火力発電所向けのC重油増 加が利益を膨らませた。

東燃ゼネラルが24日発表した2002年12月期の純利益は84億円(従来予想は40億 円)に増加する。その前の期との比較では59%減になる。

東燃ゼネラルの株価終値は、前日比6円(0.8%)安の715円。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor :Abe

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE