訂正:ヤフー:第3四半期連結純利益2.3倍-ADSLと競売増収

インターネット検索国内最大手ヤフー が22日発表した2002年度第3四半期(2002年10-12月)連結純利益は前年同 期比2.3倍の36億円だった。ADSL(非対称デジタル加入者線)事業の加入 者増や第1四半期からシステム利用料を導入したインターネット競売事業の増収 が寄与した。

第3四半期の売上高は同86%増の163億円。IP(インターネット・プロ トコル)電話などの付加サービスや販売チャネルの多様化により、ADSLの累 計接続回線数(12月末)は9月末比67%増の約169万回線に増加、同事業の売 上高は62億円となった。同事業の売上高全体に占める割合は38%と主力事業に 成長した。

広告事業の売上高は前年同期比29%増の35億円だった。広告売り上げは4 四半期連続の増加となった。ネット競売事業の売上高は33億円と前四半期比で 25%増えた。

ADSL事業の拡大販促などで、売上原価が前年同期比51%増の42億円に 膨らんだが、営業利益は前年同期比2.3倍の68億円を確保した。内訳はネット 競売事業で26億円、ADSL事業18億円など。

同社は3月に本社の移転を計画している。これに伴い第3四半期には1200 万円の移転コンサルティング費用を営業外費用に計上した。今後、移転に伴う費 用4億-6億円程度を計上する見通し。

会見した井上雅博社長は第4四半期の見通しについて、広告市況の本格的回 復はまだ先になるとの認識を示した。また、ネット競売で詐欺などのトラブルが 多発している出品者の銀行・郵便貯金口座番号公表に踏み切ったことについて同 社長は、プライバシー侵害に当たらない範囲で行っていると述べた。

ヤフーの株価終値は前日比3万円(1.7%)安の173万円。

東京 矢沢 利弘 Toshihiro Yazawa

竹本 能文 Yoshifumi Takemoto --* (03)3201-8982 tyazawa@loomberg.net Editor:Okubo

コンピューター NI CPR

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE