コンビニ2002年の年間既存店売上高は前年比1.8%減-3年連続減

日本フランチャイズチェーン(F C)協会が20日発表した2002年1-12月期のコンビニエンスストア13社の 売り上げ統計によると、前年の年間既存店売上高は前年比1.8%減となり、3 年連続のマイナス成長となった。来店客数の減少に悩まされたほか、デフレ傾向 の継続で単価の安い商品が選ばれる機会が多かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。