欧州金融機関の資産売却活発-2002年のM&A総額、米国上回る

ドイツ銀行や英銀のアビー・ ナショナル、スイス生命など、欧州の銀行や保険会社が資産売却を活発化させ ている。株価下落で損失が膨らんだ欧州の金融機関が昨年とことしに発表して いる資産売却額は250億ドル(約3兆円)を超える。

一部事業会社の資産売却も加わり、2002年の欧州のM&A(企業の合併・ 買収)の総額は、少なくともこの5年間で初めて米国を上回った。J.P.モ ルガン・チェースの欧州金融機関M&A責任者のクールボワン氏は「今のとこ ろ、約30件の案件を抱えている。そのほぼ半分は資本増強のための資産売却だ」 と話している。

地域別にみると、昨年とことしに発表されている金融機関の資産売却額は、 ドイツが100億ドル超、北欧が45億ドル超、イタリアが20億ドル超、英国が 12億ドル超。スイスはクレディ・スイス・グループが決済部門を25億ドルで売 却すると発表したほか、チューリッヒ・ファイナンシャル・サービシズやスイ ス生命などの保険会社が資産売却の方針を明らかにしている。

チューリヒ Philipp Goellner 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE