コンテンツにスキップする

米AOLタイム・ワーナーのパーソンズCEO、会長職兼任へ

米メディア大手AOLタイ ム・ワーナーは16日、取締役会を開催し、5月に会長職を退くスティーブン・ ケース氏の後任として、リチャード・パーソンズ最高経営責任者(CEO)を 選出したと発表した。

テッド・ターナー副会長が記者団に明らかにしたところ、取締役会は全会 一致でパーソンズCEOの会長就任を支持したという。同CEOは5月16日か ら会長職を兼任する。ケース会長はAOLタイム・ワーナーの取締役としてと どまる予定。

ノーザン・トラストのファンドマネジャー、バーネット氏は、パーソンズ CEOの会長兼任について、「継続性を保つとともに、経営陣の対立の可能性を 予防するため、最高の選択だ」と評価する。専門家委員会から1週間前に企業 経営の執行権限の分散が勧告されているが、コロンビア大学のコフィー教授(法 律学)によると、AOLタイム・ワーナーはCEOの業績評価を行うための社 外取締役を含めた正式な組織を設置する限り、パーソンズCEOの会長兼任に 支障はないとみられる。

ニューヨーク Kim Chipman 翻訳:東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo --* (03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE