コンテンツにスキップする

経営再建中の米小売りKマート、326店舗閉鎖し、3万7000人解雇へ

昨年1月に経営破 たんした小売り大手の米Kマートは14日、326店舗の閉鎖と3万7000人の解雇 を柱とした経営再建計画を発表した。合理化にかかる費用は約17億ドル。

今回の合理化計画は、昨年実施した2万2000人の人員削減と283店舗の閉 鎖に続くもの。アダムソン最高経営責任者(CEO)は電話会見で、残る1800 店舗を閉鎖する計画はないとし、4月30日までに経営再建を果たすとの見通し を明らかにした。声明によると、経営再建が実現すれば、ゼネラル・エレクト リック(GE)の金融部門、コマーシャル・ファイナンス・ユニットなどから 最大20億ドルの融資を獲得する見込み。

Kマートの解雇規模は、過去10年間に米国企業が発表した人員削減計画の なかで5番目。2001年に、携帯電話大手のモトローラが4万2900人を解雇する と発表して以来、最大となる。閉鎖店舗を地域別でみると、テキサス州が54店 舗と一番多く、フロリダ州が25店舗、ノースカロライナ州が18店舗、ニュー ヨーク州が14店舗となっている。同社の従業員数は現在、20万5000人。

プリンストン Rachel Katz

ニューヨーク 高井 夕起子 Yukiko Takai --* (212) 893-3007 ytakai@bloomberg.net Editor:Kawai

種類別ニュース: KM US <Equity> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE