新日鉱HD:サウジが原油供給の削減を縮小-OPEC増産決定受けて

石油元売り大手の新日鉱ホールディン グスは、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが日本の石油会社に原 油供給の削減幅を縮小すると14日に通知したことを明らかにした。石油輸出国 機構(OPEC)が生産枠の拡大を決めたことに伴う対応。高元健二郎・総務 グループアシスタントマネジャーが語った。

サウジアラムコは2月分から、日本の石油会社への原油供給の削減幅(1 月は昨年10-11月比で21.7%)を5%に縮小すると通知した。OPECが12 日の臨時総会で原油生産枠を150万バレル多い日量2450万にバレル引き上げ、 2月1日から実施することを決めたことによる。

昨年12月の原油供給も、同10-11月比で13%程度削減されていた。新日 本石油も同様に、比率は明示しなかったが供給削減率の縮小通知を受け取った としている。

14日の日経テレコンが取材源を明らかにしないまま報じたところによると、 サウジアラムコは日本の石油会社に、原油供給量を2月積みから日量10万バレ ル強を上積みすると報じた。削減率の縮小がこの上積み量に当たることになる。

新日鉱HDの株価終値は、前週末と同じ158円。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor :Ozawa

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE