コンテンツにスキップする

米AOLタイムワーナー、パーソンズCEOの会長兼任検討へ-FT

英紙フィナンシャル・タイ ムズ(オンライン版)は13日、米メディア大手AOLタイム・ワーナーが16 日の取締役会で、パーソンズ最高経営責任者(CEO)の会長職兼任の是非を 決める見通しだと報じた。同社に近い複数の関係者の話を基に伝えた。

これは、スティーブ・ケース会長が12日、5月に辞任する意向を示したの を受けた動きで、取締役会は新たに新会長を指名することに代わる選択肢とし て、会長とCEOの役割統合を協議するとみられる。

同紙によると、パーソンズCEOの会長兼任は、ケース会長の経営手法に 不満を抱いていた同社幹部やスタッフには好意的に受け止められる見通し。ま た、2001年初めのアメリカ・オンライン(AOL)とタイム・ワーナーの合併 時に決定した会長職とCEO職の分離は経営改善につながらなかったと同紙は 指摘した。ただ、パーソンズ氏がCEO就任後1年足らずであることや、会長 とCEOの役割分離を求める企業統治に関する勧告などを理由に、AOLの取 締役会は同氏に会長職を与えることに消極的になる可能性も残るという。

ロンドン Laura Humble 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo --* (03) 3201-7499   kshugo@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE