コンテンツにスキップする

米経済ニュースサマリー:ハリバートン減益予想、米デフォルト率低下

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎個人投資家約100人:シティと元アナリストを提訴-利益相反問題で

証券アナリストの利益相反問題をめぐり、破たんした米ワールドコムの株 式への投資で損失を被った個人投資家ほぼ100人が、米金融大手シティグルー プと同社証券子会社ソロモン・スミス・バーニーの元通信業界担当アナリスト、 グラブマン氏を相手取り、損失の賠償を求めて訴えを起こしたことが13日まで に分かった。

--------------------------------------------------------------------- ◎ハリバートンCEO:10-12月は減益に-石油・天然ガスの採掘需要が鈍化

油田サービス2位、米ハリバートンのレサー最高経営責任者(CEO)は 13日の投資家会議で、石油・天然ガスの採掘需要の鈍化を理由に、第4四半期 (10-12月)決算は減益になるとの見通しを示した。

--------------------------------------------------------------------- ◎ジャンク級格付けの米企業:昨年のデフォルト率は7.32%に低下-S&P

投資不適格(ジャンク)級格付けを持つ米企業の昨年のデフォルト(債務 不履行)率が、7.32%と2001年の9.72%に比べ改善したことが分かった。米景 気の回復が背景。米大手格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P) のグローバル債調査担当マネジングディレクター、バッザ氏が13日明らかにし た。

--------------------------------------------------------------------- ◎D&B、ことし7月までに従業員の約7%を削減へ-コスト圧縮で

米企業情報大手D&B(旧ダン・アンド・ブラッドストリート)は、コス ト削減のため、ことし7月までに従業員の約7.1%に当たる550人を削減する。 同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した届け出で13日までに分かった。

--------------------------------------------------------------------- ◎マイクロソフト勝訴:連邦地裁が2業界団体に控訴禁じる命令-独禁法訴訟

パソコン最大手、米マイクロソフトの反トラスト法(独禁法)違反訴訟で、 ワシントン連邦地裁のコラーコテリー判事は13日、同社と連邦政府の暫定和解 を不服とし、控訴を計画していた2業界団体の主張を退ける判断を下した。

--------------------------------------------------------------------- ◎グラクソ勝訴:米連邦地裁判事が集団訴訟の要求退け-抗うつ剤の広告巡り

世界2位の製薬会社、英グラクソ・スミスクラインの抗うつ剤「Paxil」の 広告をめぐり、服用者のグループを代表する弁護士団が集団訴訟の扱いを求め ていた訴訟で、ロサンゼルス連邦地裁のフェルザー判事は13日、原告側の主張 を退ける判断を下した。

--------------------------------------------------------------------- ◎AT&T、ワシントンで地域通信サービスを開始へ

米長距離通信最大手AT&Tは13日、首都ワシントンで地域通信サービス の提供を開始する計画であることを明らかにした。同社は現在、カリフォルニ アやニューヨークなど全米8州で同サービスを提供している。

--------------------------------------------------------------------- ◎昨年の米特許認可件数:IBMが10年連続で首位-2位はキヤノン

コンピューター最大手、米IBMは13日、米特許局が昨年認可した同社の 特許申請件数が3288件と、10年連続で首位だったことを明らかにした。2位は キヤノン、3位は米マイクロン・テクノロジー、4位はNEC、5位は日立製 作所。

--------------------------------------------------------------------- ◎インテル、ラップトップ型パソコン用MPUの価格を最大38%引き下げ

半導体最大手、米インテルが12日付けで、ラップトップ型パソコン用マイ クロプロセッサー(MPU、超小型演算処理装置)を対象に、最大38%の値引 きを実施したことが、同社のウェブサイトで13日までに分かった。

--------------------------------------------------------------------- ◎インテルの業績見通しを上方修正-ソロモン・スミス・バーニー

米証券会社ソロモン・スミス・バーニーのアナリスト、ジョゼフ氏は13日、 半導体最大手インテルの第4四半期(10-12月)の売上高と1株利益の見通し を上方修正した。欧州、アジア両地域で製品需要が強まったことを理由に、10 -12月期の1株利益は15セント、売上高は71億ドルを予想している。従来予 想の1株利益は14セント。

--------------------------------------------------------------------- ◎デルタとユナイテッド:米航空業界で最悪の年金不足-フィッチ

国際的な格付け会社フィッチ・レーティングスは13日、デルタ航空とユナ イテッド航空の企業年金不足が米航空業界で最も深刻であることを明らかにし た。

--------------------------------------------------------------------- ◎テキサス・インスルツメンツCEO:SIAの売上高見通しは楽観的過ぎる

半導体大手、米テキサス・インスツルメンツ(TI)のエンジバス最高経 営責任者(CEO)は13日、ことしの半導体業界の売上高見通しについて、米 半導体工業会(SIA)が2カ月前に示した「前年比20%増」の予想は楽観的 過ぎるとの考えを示した。

--------------------------------------------------------------------- ◎デューク:2002年の純利益は予想以下-株価12%安。

米電力2位のデューク・エナジーは13日、電力価格の低下やエネルギー取 引の減少により、2002年の純利益が当初の予想を下回ったことを明らかにした。 株価終値は3.13ドル(15%)安の17.87ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎米CNN放送:アイザクソン会長兼CEOが辞任

米メディア大手AOLタイム・ワーナー傘下CNN放送のウォルター・ア イザクソン氏が会長兼最高経営責任者(CEO)を退任し、非営利団体(NP O)、アスペン・インスティテュートの会長兼CEOに就任することが分かった。 CNNが13日報じた。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE