石油連盟:OPEC日量150万バレル増産評価-緊急時は一段の増産を

石油連盟の岡部敬一郎会長(コスモ石 油会長兼社長)は13日、石油輸出国機構(OPEC)が臨時総会で日量150万 バレルの増産を決議したことを、原油価格の安定に結びつくとして評価した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。