2002年の欧州株式引受幹事、ゴールドマンが1位-収益には直結せず

2002年の欧州株式引受幹事ラン キングで、米証券大手のゴールドマン・サックス・グループと欧州の銀行最大 手ドイツ銀行が1位、2位を占めた。同年1月に、メディア大手の仏ビベンデ ィ・ユニバーサルの発行済み株式の売り出しを手掛けたことが順位を押し上げ たものの、被った損失も大きかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。