ヤマハ発:03年の2輪車世界販売は21%増計画-アジアの販売増で(3)

(第3-第5段落に会見内容を追加します)

東京 1月9日(ブルームバーグ):2輪車メーカー大手のヤマハ発動機は9 日、2003年の2輪車の販売計画などを発表した。それによると、アジアでの販 売を伸ばすことで世界での販売は前年比21%増の277万台と大幅増を計画して いる。

このうち、国内では前年比0.5%増の22万台を見込んでいる。また、海外 では同23%増の255万台と予想。このうち、地域別では欧州が前年を下回る見 通しだが、アジアは同34%増の180万台と今年も大幅な伸びを維持していく計 画だ。

ヤマハ発の長谷川至社長は都内で行った会見で、2003年の国内の全体需要 について、「前年に比べ微増の82万台を見込んでいる」と述べた。また、海外 での地域別の全体需要は、米国が3%増の96万台、欧州が微減の182万台、ア ジアが5%増の2110万台を見込んでいる。

ヤマハは国内では1月から台湾製スクーターを導入し、高価格と低価格帯 の両面から品質とコストをバランスさせたモデルを投入する。台湾製スクータ ーの価格については「近々に発表する」(梶川隆常務)としている。

アジアでの販売ではインドネシアで前年比17%増の46万台、インドで同 41%増の41万台、タイで同22%増の19万台を見込んでいる。梶川常務は、「(ア ジアの工場では)まだまだ生産能力の余力がある」と述べ、大きな設備投資は 行わず、現行の生産体制で販売増を狙う考え。

2002年実績

2002年の2輪車販売台数は、世界で前年比17%増の229万4900台だった。 うち国内販売は同3.4%減の21万9000台、海外での販売は同20%増の207万 5900台だった。

地域別では、アジアが同29%増の134万5000台と好調で、北米も同9.4% 増と伸びたが、欧州では同1.1%減と振るわなかった。

ヤマハ発の株価終値は前日比9円(0.91%)安の980円。

東京 井上 徹二 Tetsuji Inoue --* (03)3201-7297 teinoue@bloomberg.net Editor:Murotani

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE