コンテンツにスキップする

米国株【個別銘柄】:アルコア、地域電話株、JPモルガン、GMほか

8日の主な銘柄は以下の通り。

アルコア(AA):2.53ドル(10%)安の21.85ドル。アルミメーカー最 大手のアルコアが発表した第4四半期(10-12月)決算は、人員削減に伴う費 用の計上などが響き、最終損益が2億2300万ドルの赤字と、赤字幅が拡大した。

地域電話株:軒並み下落。UBSウォーバーグのアナリスト、ホジュリク 氏は顧客向けメモで、地域通信3社の事業について、「依然として低調で、現在 の株価水準を正当化できない」との見方を示し、ベライゾン・コミュニケーシ ョンズ、SBCコミュニケーションズ、ベルサウスの投資判断を「ホールド(保 有)」から「リデュース(減らす)」に引き下げた。ベライゾン(VZ)は2.71 ドル(6.2%)安の40.91ドル。SBC(SBC)は1.50ドル(5%)安の28.78 ドル。ベルサウス(BLS)は1.27ドル(4.4%)安の27.65ドル。

マイクロソフト(MSFT):1.56ドル(2.8%)安の54.24ドル。米紙ニ ューヨーク・タイムズは、パソコンソフト最大手のマイクロソフトは、ブッシ ュ大統領の配当課税撤廃案に対応して配当を開始する意思はないと報じた。

インテル(INTC):68セント(3.9%)安の16.68ドル。ロイター通信 は、半導体最大手インテルのキルロイ副社長の話を基に、同社が、世界のハイ テク関連支出は2003年上期中には回復しないとみていると報じた。

ゲートウェイ(GTW):21セント(6.6%)安の2.96ドルに続落。パソ コン直販大手ゲートウェイは、2002年第4四半期(10-12月)は減収となり、1 株当たり18-19セントの赤字となったとの暫定集計を発表した。従来は同13 セントの赤字を見込んでいた。

J.P.モルガン・チェース(JPM):1.07ドル(3.8%)安の26.77ド ル。UBSウォーバーグのアナリスト、グロスマン氏は、米銀2位のJ.P. モルガン・チェースの株価は既に2003年の景気回復期待を織り込んでおり、不 良債権関連のリスクは減少していないとして、同社の投資判断を「バイ(買い)」 から「ホールド(保有)」に引き下げた。

ゼネラル・モーターズ(GM):1.63ドル(4.1%)安の38.21ドル。自動 車最大手のゼネラル・モーターズ(GM)は、年金基金の予定運用利回りを従 来の10%から引き下げると発表した。これにより積み立て不足が発生し、利益 減少につながる可能性がある。

メサ・エアー・グループ(MESA):51セント(11%)安の4.25ドル。 中小航空会社のメサ・エアー・グループは、この日シャーロット(米ノースカ ロライナ州)で墜落した航空定期便の小型機を運航していた。

カジノ株:カジノ運営会社のMGMミラージュ(MGG)とマンダレー・ リゾート・グループ(MBG)が、第4四半期利益がアナリスト予想を下回る ことを明らかにしたことを受け、カジノ株が下落した。マンダレーは3.78ドル (12%)安の27.01ドル。MGMは3.73ドル(11%)安の28.89ドル。

キャピタル・ワン・ファイナンシャル(COF):3.21ドル(10%)高の

35.41ドル。クレジットカード発行会社に貸し出し基準の厳格化を求める米当局 の勧告は、一部投資家の予想よりも緩やかな内容だった。同業のメトリス(M XT)は28セント(12%)高の2.59ドル。

エネルギー株:カリフォルニア州裁判所の判事が電力価格操作をめぐる一 部エネルギー会社に対する訴訟を棄却したことで、エネルギー株が上昇した。 アクイラ(ILA)は32セント(19%)高の2.04ドル。ダイナジー(DYN) は14セント(6.8%)高の2.20ドル。ミラント(MIR)は37セント(18%) 高の2.48ドル。

ニューヨーク Josh P. Hamilton プリンストン Jonathan Make 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita

升井 恵美 Megumi Masui --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net  Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE