OPECが協調増産の可能性-市場関係者には懐疑的な見方も

最近の原油価格高騰を受けて、石油輸 出国機構(OPEC)が増産に踏み切る公算が大きくなった。サウジアラビア は、OPEC加盟国全体で日量150万バレルから200万バレルの増産を支持し ているとされ、原油価格の上昇を抑制する動きが加速している。OPECが指 標としているバスケット価格(7油種平均)は、昨年12月27日に1バレル当 たり31ドル台に乗せ、それ以来、目標とする価格帯(プライスバンド制で22 -28ドル)を上回っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。