訂正:米タイコ、転換社債37億5千万ドルを起債-昨年1月以来最大

信用格付けの改善を目指して いる米複合製造業タイコ・インターナショナルは7日、転換社債37億5000万 ドル(約4500億円)を起債したと発表した。転換社債としては、昨年1月のバ イオ大手アムジェン(39億ドル)以来最大の起債額。

同社はまた、総額15億ドルの無担保回転信用枠を確保しており、債務返済 資金の調達額は、計52億5000万ドル(約6300億円)に上った。

起債された転換社債は、表面利率2.75%、年限15年の社債25億ドル(株 価が現在の水準から32%上昇した場合に転換可能)と、表面利率3.125%、年 限20年の社債12億5000万ドル(同26%)の2種類。当初の見込みに比べ、同 社に有利な発行条件となった。

起債の引受主幹事はモルガン・スタンレー、バンク・オブ・アメリカ、ソ ロモン・スミス・バーニー。その他の幹事証券はクレディ・スイス・ファース ト・ボストン、ゴールドマン・サックス・グループ、JPモルガン・セキュリテ ィーズだった。

タイコは2月に期日を迎える借入金39億ドルの返済費用を必要としている ほか、同月に転換社債保有者からの23億ドルの買い戻し需要も予想されている。 同社の昨年9月末現在の債務残高は約242億ドル。

7日のタイコの株価終値は0.73ドル(4.4%)高の17.26ドルと反発。売 買高は米株市場でトップだった。過去1年間の株価下落率は68%。

ニューヨーク Mark Lake ほか 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Ozawa

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE