新日石:豪州で商業規模の油田発見-可採埋蔵量7000万バレル(2)

石油元売り最大手の新日本石油は7日、 西オーストラリア海上鉱区で商業規模の油田を発見したと発表した。可採埋蔵 量は7000万バレルを見込むとしている。事業を手掛ける子会社・新日本石油開 発の中村一治参事は「早ければ1年半くらいで、商業生産開始できる可能性が ある」とし、2004年半ばにも生産開始となりそうだ。

今回の鉱区は、西オーストラリア沖に位置し、新日石開発は石油公団と共 同出資した企業を通じて、事業に参画している。この開発事業には、豪石油・ ガス探鉱開発会社のサントスやクウェート石油子会社、豪最大手の石油・ガス 炭鉱開発会社のウッドサイドが参加している。

新日石など開発会社は現在、商業生産に向けた検討を進めており、今年3 月までに開発概要を決定するとしている。

新日本石油の株価終値は、前日比18円(3.3%)安の535円。

東京 浅野 文重 Fumishige Asano --*03-3201-7137 fasano@Bloomberg.net Editor:Abe

企業ニュース:JBN18 新日本石油のニュース

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE