アラ石が大幅高:原油高で収益に期待、4カ月ぶり高値-元売りは下落

アラビア石油の株価が大幅高、一時、 前週末比で10%近く高くなった。イラク攻撃が近いとの見方や産油国のベネズ エラのストライキを受けて原油価格が上昇を続けており、収益の回復期待が広 がっている。

アラ石の株価は一時、前週末比で58円(9.6%)高の663円まで上昇した。 8月29日(668円)以来ほぼ4カ月ぶりの高値になる。午前10時18分現在で 同48円(7.9%)高の653円で取引が進み、値上がり率は東証一部8位。売買 高は76万600株。

市場はアラ石の株価上昇について「予想されるイラク攻撃を前に原油価格 が上昇しており、年末年始の休みにも原油が上昇するといった予測から買い進 まれている」(小林治重・丸和証券調査情報部長)とみている。

ニューヨーク市場で27日、原油価格は1バレル32.72ドルまで上昇して、 ほぼ2年ぶりの高値を付けた。産油会社であるアラ石にとって原油価格の上昇 は、収益が好転する方向に作用する。

一方、石油元売りの新日本石油やコスモ石油といった会社の株価は下落。 原油価格が上昇しても、国内需要低迷といった点から小売価格への転化を進め にくいことから収益が圧迫されるとの懸念が出ている。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor:Ozawa

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE