コンテンツにスキップする

ムーディーズ、2002年の信用格下げ件数は過去最高-電力、通信業界で

大手格付け会社の米ムーディ ーズ・インベスターズ・サービスが26日明らかにした2002年の米企業信用格 付け動向によると、電力や通信業界での引き下げが相次いだ影響で、格下げ件 数は過去最高を記録した。一方、格上げ件数は1991年以降の最低となった。

ムーディーズのチーフエコノミスト、ロンスキー氏によると、年初から12 月24日現在までの格下げ件数は647件と、過去最高となった昨年を2件上回っ た。米国企業の粉飾決算疑惑が広がるなか、米電力大手ミラントや米地域通信 大手クエスト・コミュニケーションズが格下げの対象となった。電力や通信、 ハイテク企業を除くと、格下げ件数は前年比16%の減少だったという。

一方、今年の格上げ件数は129件と昨年の219件を大きく下回り、年間件 数としては、1991年以来最低を記録した。ロンスキー氏は、来年以降も格下げ が格上げを上回るペースで増えると予想する。第4四半期(10-12月)でみる と、投資適格級企業の格上げは5件にとどまった。これは、1986年の集計開始 以来、四半期としては最低。比較的健闘したのは、ジャンク(投資不適格)級 企業で、同期の格上げ件数は20件に上った。

ニューヨーク Heather Landy 高井 夕起子 Yukiko Takai --* (212) 893-3007 ytakai@bloomberg.net Editor:

企業別ニュース: AMZN US <EQUITY> TWR US <EQUITY> WCOEQ US <EQUITY> ADELA

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE