11月小売売上高:スーパー、百貨店とも前年割れ-生活関連品が低迷

日本チェーンストア協会と日本百貨店 協会は25日、全国のスーパーと百貨店の2002年11月の売上高を発表した。気 温の低下に伴い、冬物衣料品などの売れ行きは改善したものの、家電などの生 活関連用品が低迷し、スーパー、百貨店ともに前年実績を若干下回った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。