コンテンツにスキップする

最終日迎える米年末商戦:「駆け込み組」に宝飾品大幅値下げの恩恵も

24日が最終日となることし の米年末商戦で、宝飾品店に向かう「駆け込み組」の消費者が値引きの恩恵を 受ける公算が大きい。

米百貨店最大手のシアーズ・ローバックは宝飾品を対象に最大70%の値引 きを実施。フェデレーテッド・デパートメント・ストアーズ(FDS)も、ダ イヤモンド半額や金製品の最大6割引きセールを展開している。

全米小売連盟(NRF)によると、米国民の宝飾品購入額は年間300億ド ル以上。そのほぼ4分の1が12月で、ピークはクリスマス前の2日間(23、24 日)になることが多いという。

米アメリカン・エキスプレスが800人を対象にしたアンケート調査による と、年末商戦期間中、24日に買い物を終える「駆け込み組」は全体の20%以上 を占め、その4分の3が男性だ。駆け込み組のうち、ほぼ50%は買い物リスト に宝飾品や時計があるという。

ただことしは、小売業者の間に、雇用情勢や株式市況の悪化で消費者の財 布のひもが例年より固くなるとの懸念が広がっている。米南東部に96店舗を展 開するリーズのジマー最高経営責任者(CEO)は「経済情勢は過去数年に比 べかなり困難だ」と指摘。「幸運を祈っている。24日に最後の買い物客が店を出 るまで勝負は続く」と語った。

米アメリカズ・リサーチ・グループが今月約2000人を対象に行ったアンケ ート調査では、宝飾品購入者の43%が「ことしの購入予定額は1年前を下回っ ている」と回答。「上回っている」は11%にとどまった。

アトランタ Steve Matthews ほか 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net     Editor:Kobari

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE