ダイハツ:03年軽自動車販売、5.8%増を計画-全国内販売は5.2%増

(第4段落に山田社長のコメントなどを追加します)

東京 12月20日(ブルームバーグ):トヨタ自動車グループのダイハツ工業 は20日、2003年の自動車販売計画を発表した。それによると、同社の主力で ある軽自動車の販売は今年見通し比5.8%増の52万5000台としている。

その一方、登録車販売は同16.7%減の1万2000台を見込む。その結果、 国内販売は同5.2%増の53万7000台を計画している。また、輸出は同7.3%増 の8万2000台を計画。

国内生産では全体で同5.9%増の72万3000台を見込む。そのうちOEM (相手先ブランドによる生産)車は38.6%減の1万7000台、受託車は同28.1% 増の8万7000台、ダイハツ車は同5.5%増の61万9000台をそれぞれ計画して いる。

この日の会見で山田隆哉社長は、来年の販売計画について「トヨタとの顧 客情報の交換を強化し、販売増につなげたい」と語った。また、神尾克幸常務 は、「今年は(ダイハツ車の販売のうち)1万台をトヨタのチャネルで販売した が、来年は1万5000台の水準でやりたい」として、両社の協力強化によるプラ ス効果を一段と強めていく意向を示した。

ダイハツの株価は前日比1円(0.27%)安の366円(午後1時12分現在)。

東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki

井上 徹二 Tetsuji Inoue --* (03)3201-7297 teinoue@bloomberg.net Editor:Murotani

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE