コンテンツにスキップする

国際石油開発:露ルークオイルから一部権益取得、1800億円で-日経

20日付の日経新聞は取材源を明らか にしない形で、石油公団や商社といった官民が出資している石油開発会社、国 際石油開発がロシアの石油会社ルークオイルがカスピ海に保有する開発鉱区の 一部権益を取得することで合意したと報道した。

日経が報道したところによると、金額は約15億ドル(1800億円)で、アゼ ルバイジャンのアゼリ鉱区権益の15%を取得する。国際石油開発は原油を日本 へ輸出するほか欧米の石油会社や需要家に販売する方針としている。

国際石油開発のインターネットのホームページによると同社は石油公団が 50%、石油資源開発が12.8%、三菱商事が10.2%を出資している。日経報道に ついて国際石油開発、石油公団ともに、電話取材に対して報道担当がつかまら ない。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor:Okimoto

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE