米証券アナリストの利益相反問題、20日にも和解発表-WSJ

20日付の米紙ウォールス トリート・ジャーナルによると、証券アナリストによる株式調査の利益相反問 題をめぐる交渉で、米当局は早ければ20日にも、総額10億ドル(約1200億円) 超の支払いを金融機関に求める和解合意を発表する可能性がある。事情に詳し い複数の関係者の話を基に報じた。ただ、匿名の関係者によると、合意は最終 的なものではなく、発表は来週まで行われない可能性もあるという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。