【ABSリーグテーブル】みずほ総合首位守る、不動産ではJPモルガン

日本における資産担保証券(ABS) のリーグテーブルがまとまった。資産証券化で最も主幹事を多く獲得したのは、 みずほ証券だった。大和証券SMBCと三菱証券これに続いた。不動産証券化 では、1位にJPモルガン証券、3位にモルガン・スタンレー証券など米系大手 の活躍が目立つ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。