米シティなど10社、10億ドル支払いで合意-利益相反問題の和解で

証券アナリストの利益相反 問題で、シティグループ、クレディ・スイス・ファースト・ボストンなど大手 証券会社10社は約10億ドル(約1200億円)を支払って和解することで合意し た。事情に詳しい複数の関係者が20日明らかにした。米規制当局は東部標準時 20日午後1時(日本時間21日午前3時)に、和解に関して記者会見するという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。