英FSA:CSFBに罰金400万ポンド-日本当局への行為を問題視

英金融サービス機構(FSA) は19日、クレディ・スイス・グループ傘下のクレディ・スイス・ファースト・ ボストン(CSFB)に対し、日本の当局に誤った認識を抱かせようとする行為 があったとして同社に400万ポンド(7億8000万円)の罰金を科したと発表し た。FSAが科す罰金額としては過去最高となる。

FSAは声明で、1995-98年にかけて、CSFB(当時はクレディ・スイ ス・ファイナンシャル・プロダクツ銀行=本店ロンドン)は日本国内での事業 の規模と種類についての証拠を隠ぺいしたのに加え、日本における事業活動に 関して虚偽の説明を行う用意をしていたと指摘した。

FSAの法執行を管轄するサージェント氏は声明のなかで、「前例のない罰 金額の高さは、英国または諸外国の規制当局やそのほかの関係当局に誤解を与 えようとする行為について、FSAが極めて重大なものと受け止めていること を明白に示すものだ」と述べた。

ロンドン Alistair Barr 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE