英FSA:CSFBに罰金400万ポンド-日本当局への行為を問題視

英金融サービス機構(FSA) は19日、クレディ・スイス・グループ傘下のクレディ・スイス・ファースト・ ボストン(CSFB)に対し、日本の当局に誤った認識を抱かせようとする行為 があったとして同社に400万ポンド(7億8000万円)の罰金を科したと発表し た。FSAが科す罰金額としては過去最高となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。