米当局、金融機関5社とアナリスト利益相反問題で近く和解へ-WSJ

18日付の米紙ウォールス トリート・ジャーナル(欧州版)によると、ニューヨーク州のスピッツァー司 法長官と米証券取引委員会(SEC)は近く、証券アナリストの調査リポート の利益相反問題について、米大手金融機関5社と和解を成立させる可能性があ る。事情に詳しい複数の関係者の話を基に報じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。