コンテンツにスキップする

米経済ニュースサマリー:ワールドコム見直し、Kマート赤字拡大ほか

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎ワールドコム、カペラスCEOの報酬プランを見直し

経営破たんした長距離通信大手、米ワールドコムは16日までに、破産裁判 所に提出した資料で、600万ドル(約7億3000万円)相当の制限付き株式支払 いを差し控えることなどを通じ、カペラス最高経営責任者(CEO)の総額5000 万ドルに上る報酬プランを見直したことを明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎Kマート:8-10月期の赤字幅が拡大-19日にNYSE上場廃止へ

経営破たんした米小売り大手のKマートは16日、第3四半期(8-10月) の赤字幅が拡大したと発表するとともに、今月19日に同社の株式がニューヨー ク証券取引所で上場廃止になることを明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎ファイザーとイーライ・リリーが増配-来年1-3月期

米製薬大手のファイザーとイーライ・リリーは16日、来年1-3月期の配 当を増額すると発表した。これで、ファイザーは36年連続、リリーは35年連 続、年間ベースの増配を実施することになる。

--------------------------------------------------------------------- ◎UAL:ESOPの運用会社、主要株主の自社株売買差し止め措置に反対

経営破たんした米航空大手UALの従業員持ち株制度(ESOP)の運用 を担当する米ステート・ストリート・バンク・アンド・トラストは16日までに、 破産裁による主要株主のUAL株売買差し止めに反対したことを明らかにした。 同差し止めにより、従業員は総額最高3700万ドルの損失を被る可能性があると 指摘している。

--------------------------------------------------------------------- ◎ハウスホールドの住宅ローンめぐる訴訟:50州が和解案を承認

米消費者金融会社ハウスホールド・インターナショナルの住宅ローンに関 する違法行為をめぐる裁判で、米50州は同社が総額4億8400万ドルを支払う 和解案を承認した。米アイオワ州のミラー司法長官が16日、明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎スキー用品大手のK2、ローリングスを買収へ-1億1400万ドル

米スキー用品メーカーのK2は16日、野球用品大手ローリングス・スポー ティング・グッズを株式と債務引き受けの総額1億1400万ドルで買収すること で合意したと発表した。ローリングスの筆頭株主、ダニエル・ギルバート氏を 抑えての合意。同氏は15日、現金による買収提示額を約6900万ドルに引き上 げていた。

--------------------------------------------------------------------- ◎ボーイングの偵察衛星に「技術面、資金面の問題」-米上下両院情報特別委

米上下両院の情報特別委員会は16日、航空機最大手、米ボーイングの偵察 衛星開発プロジェクトについて、「技術面や資金面で大きな問題がある」と指摘。 政府として同プロジェクトを中断する可能性もあるとの見通しを示した。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、

--* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net      Editor:Kobari

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE