新日石の鈴木副社長:景気は緩慢だが上向き-リストラ完了業界けん引

新日本石油の鈴木孝男副社長は13日、 今後の日本経済の動向について「極めて緩やかだが上向き方向で推移していく」 と改善を予想した。その背景として、リストラが十分に進んで収益体質が強固 になった業界が低コストでの生産を拡大していくことを示した。具体的な代表 的な業界としては、紙・パルプ、鉄鋼、自動車を挙げ、「このほかプラント業界 なども再生産の方向に向かう」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。