アデランスが反発、女性新規顧客用かつら11月売上好調-回復期待強い

かつらや理容美容器具などの製造・ 販売を行うアデランスが反発。懸念材料となっていた女性新規顧客用かつらの 売上高が11月に前年同月比3.3%減(速報ベース)となり、前月の同15.4%減 からマイナス幅が大幅に縮小したことから、回復期待が強まった。

株価は午後零時55分現在、前日比55円(2.0%)高の2820円。午前10時 16分には、同120円(4.3%)高の2885円まで上昇した。11日は小幅安となっ たものの、11月の売上状況が発表された9日以降、上昇基調が続いている。

女性新規顧客用かつらの売上高は、8月が前年同月比41.8%減、9月は同

30.3%減、10月15.4%減と推移しており、市場では、夏場に底を打ち、その後、 急回復しているとして評価が高まっている。

大和総研の北見雅昭アナリストは、「月を追うごとに受注状況は改善してお り、その回復は予想以上に早い。来期に向けて増益トレンドに入ったのではな いか」とみている。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki --* (03)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Editor:Ushiroyama

産業別ニュース:JBN17

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE