昭和シェル:灯油輸入を上積み-東燃ゼネとの精製研究事業は来春稼働

ロイヤル・ダッチ・シェル・グループ の昭和シェル石油は、灯油輸入量を上積みする。予想に反する今年の冬の寒さ で暖房用の需要が急速に膨らんでおり、シンガポールや韓国からの輸入計画を 2割程度上方修正する。昭和シェルの佐竹正价副社長が11日、明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。