【個別銘柄】:ニチメン、日商岩井、冶金工、PCデポ、ロングライフ

11日午前の主な売買銘柄の終値は次 の通り。

ニチメン(8004)、日商岩井(8063):ニチメンが大幅高、日商岩井が買い 気配。両社が来年4月に共同持ち株会社を設立、経営統合することで合意し、 資本増強を行うと発表したことで、財務体質の改善が期待され、買い注文が膨 らんでいる。両社の株式は、経営統合のニュースを受けて午前の取引開始前に 売買が一時停止されていたが、午前10時47分に取引が再開。ニチメンは買い 気配で始まり、13円(19%)高の83円で寄り付いた。午前終値も83円。日商 岩井は10円(24%)高の52円買い気配で午前の取引を終えた。

日本冶金工業(5480):3円(15%)高の23円と大幅続伸。みずほコーポ レート銀行を中心とする主力金融機関から金融支援の同意を得たため、経営再 建の体制が整ったと評価されている。上昇率は東証1部で2位。

ピーシーデポコーポレーション(7618):2万円(17%)高の13万7000円 とストップ高(制限値幅いっぱいの上昇)。インターネット接続サービスの加入 取次ぎ手数料が大幅に拡大し、中間期の連結純利益が計画を上回ったことから、 足元の好業績を評価した買いが入った。

日本ロングライフ(4355):1万5000円(7.3%)高の22万1000円と大幅 反発。日本ケミファが全額出資する有料老人ホーム会社、ウエルライフ(東京 都千代田区)を買収すると発表し、事業領域の拡大と収益力向上につながると みられた。午前の売買代金は2545万円でナスダック・ジャパン3位。

有線ブロードネットワークス(4842):900円(4.7%)高の1万9900円と 反発。前日に発表された11月の加入者数が前月比35%増、前年同月比では6倍 と着実に増加していることから、成長性を期待した買いが入ったようだ。

エイチ・アイ・エス(9603):この日、ジャスダックから東証2部に上場し た。午前9時1分に付いた東証初値は1500円となり、10日のジャスダック終値 1490円を10円上回った。午前の終値も同じく1500円。上場に伴う公募や売り 出しは行っていない。

東邦薬品(8129):この日、ジャスダックから東証2部に上場。午前9時に 付いた東証初値は350円と、10日のジャスダック終値と同じだった。午前の終 値は360円。上場に伴う公募や売り出しは行っていない。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki --* (03)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Editor:Ushiroyama

東邦薬品       8129 JP <Equity> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE