コンテンツにスキップする

米小売業:12月7日の週売上高前週比2.3%減-大雪で客足鈍る(2)

東京三菱銀行とUBSウォ ー バーグがまとめた米小売業界統計によると、先週(12月1日-7日)の米主 要 小売業の既存店売上高は、前週比2.3%減少した。米東部を中心とする大雪で シ ョッピングセンターへの客足が鈍ったことなどを背景に、売り上げは多くの 企 業で当初計画並みか、それ以下にとどまった。1年前との比較でも、売上高 は

2.0%増加(前週は4.0%増加)と減速した。

一方、調査機関インスティネットグループが同日発表したレッドブック小 売統計によると、先週の既存店売上高は、前月の同週比で0.6%増加した。前年 の同期間比では1.1%の増加だった。

東京三菱銀は現時点で、12月の既存店売上高を前年同月比2.5%増と予想。 ことしのクリスマス商戦の動向が「(出足は好調だったが12月に急失速した) 2000年のパターンに似てきた」として、先週提示した5%増との見通しから大 きく下方修正した。11月の既存店売上高実績は、感謝祭の祝日が前年より6日 遅かった影響を強く受け、前年同月比0.1%減と低迷した。

ニューヨーク 河合美奈子 Minako Kawai --*(212)318-2328 minkawai@bloomberg.net Editor:Yamahiro

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE