新日石、出光:石油精製で提携-新日石は出光へ4万バレル供給(4)

石油元売り最大手の新日本石油と出 光興産は10日、石油精製分野で業務提携すると正式に発表した。両社は1995 年に締結した物流提携に続いて精製部門でも提携することで、生産効率化を図 り、コスト競争力を強化する。

大森輝夫常務が記者会見した新日石は、2003年4月から10年間、出光に対 して日量4万バレルの製品を供給すると発表した。新日石の100%出資子会社で ある新日本石油精製の水島製油所(岡山県倉敷市)などから供給する。提携効 果は、新日石、出光の両社合計で年間50億円の見込み。

新日石は同時に、グループの製油所の原油処理能力を2003年4月1日から 日量1万バレル削減し、121万7000バレルとすると発表した。

8カ所の製油所のうち、日量36万バレルの原油処理能力がある根岸製油所 (横浜市)について2万バレルの能力を削減し、同12万5000バレルの大阪製 油所(大阪府高石市)については1万バレルの能力を削減する。一方、水島製 油所の原油処理能力は日量23万バレルから2万バレル強化して25万バレルと する。削減による効果は、グループ全体で年間3億円を見込む。

また、供給体制の見直しについて天坊昭彦社長が記者会見した出光興産は、 兵庫製油所(兵庫県姫路市)について2003年4月末をめどに、沖縄製油所(沖 縄県与那城町)については2004年春をめどにいずれも機能を停止すると発表し た。出光はまた、保全費や人件費などを中心に年間で60億円のコストを削減す る。

出光は2002年度からの中期経営計画を明らかにした4月、製油所の閉鎖を 含めた精製体制について年内に発表するとの方針を示していた。

新日石の午前終値は、前日比12円(2.54%)高の484円。出光興産は非上 場で、2006年度上期での上場を表明している。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno

林 純子 Junko Hayashi

野々宮 莉莉 Lily Nonomiya --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor:Okimoto

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE