米経済ニュースサマリー:ネット2フォン黒字、ダウ・ケミカル勝訴

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎マグロウヒル:企業年金の会計方法を変更-来年利益の押し下げ要因に

出版大手の米マグロウヒルは9日、企業年金の会計方法を変更するのに伴 い、来年の1株利益が0.05-0.06ドル押し下げられる見通しであることを明ら かにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎エル・パソ:元副社長が無罪主張-天然ガス取引の虚偽報告で

天然ガス大手、米エル・パソのガイガー元副社長は9日、天然ガス取引の 虚偽報告をめぐる裁判で無罪を主張した。同業のダイナジーやアメリカン・エ レクトリック・パワーはすでに、両社のトレーダーが同様の虚偽報告を行って いた事実を認めている。

--------------------------------------------------------------------- ◎エネルギー省:原油価格は低下へ-OPECが生産維持または増産の場合

米エネルギー省は9日に発表した月報で、石油輸出国機構(OPEC)加 盟国が現行の生産枠を維持または引き上げた場合、世界の原油在庫は近く増加 し、原油価格を押し下げることになるとの見通しを示した。

--------------------------------------------------------------------- ◎ネバダ州リノ市の信用格付けを引き上げ-S&P

米大手格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は9日、ネ バダ州第2位の都市、リノ市の信用格付けを「A」から「A+」に1段階引き 上げた。同市の産業がカジノ以外にも輸送や製造の分野で拡大していることを 理由に挙げた。

--------------------------------------------------------------------- ◎ネット2フォン:8-10月期は4610万ドルの黒字-シスコとの和解で

インターネット電話サービスの米ネット2フォンが9日発表した第1四半 期(8-10月)決算は、純損益が4150万ドル(1株当たり0.72ドル)の赤字 だった前年同期に対し、4610万ドル(同0.77ドル)の黒字となった。通信機器 最大手の米シスコシステムズと争っていた裁判で和解したことに伴う利益が貢 献した。売上高は前年同期比44%減の2390万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎MBIA、株価3.7%安-ヘッジファンドが会計方法を批判

米金融保証会社MBIAは9日、株価が3.7%安と減少した。ヘッジファン ドのゴーサム・パートナーズ・マネジメントが、MBIAの会計方法を批判す るリポートを発表したのが嫌気された。終値は1.63ドル安の42.20ドル。年初 からの下落率は21%。

--------------------------------------------------------------------- ◎デルファイ:来年の純利益は6億ドルの見込み-ことしのほぼ2倍

自動車部品最大手の米デルファイは9日、来年の純利益が6億ドルと、こ としのほぼ2倍になるとの見通しを示した。自動車メーカー向け売り上げの増 加や適用税率の低下、コスト削減が貢献するという。

--------------------------------------------------------------------- ◎タイコ、前CEOと前CFOを提訴-不当な株式売買利益の返還求め

複合大手の米タイコ・インターナショナルは6日、同社のコズロウスキー 前最高経営責任者(CEO)とシュワルツ前最高財務責任者(CFO)を相手 取り、株式取引を通じて不当に得た利益4000万ドル(約49億円)の返還を求 める訴えを、マンハッタンの連邦裁判所に起こした。

--------------------------------------------------------------------- ◎ダウ・ケミカル逆転勝訴:連邦高裁が陪審評決退ける-シリコンめぐる訴訟

豊胸手術用シリコンの健康被害をめぐる裁判で、米連邦高裁は9日までに、 被害者の女性に危険性を警告しなかったとして化学最大手ダウ・ケミカルの責 任を認定した1997年の陪審評決を退ける判決を下した。

--------------------------------------------------------------------- ◎アルバートソンズの8-10月期:9.1%増益-コスト圧縮が貢献

米スーパー2位のアルバートソンズが9日発表した第3四半期(8-10月) 決算は、純利益が1億9200万ドル(1株当たり0.48ドル)と前年同期に比べ

9.1%増加した。店舗閉鎖などに伴うコスト圧縮が貢献した。売上高は同4.2% 減の86億6000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎ファルマシア:株主がファイザーへの身売り計画を承認

米製薬会社ファルマシアの株主は9日までに、同業最大手ファイザーへの 身売り計画を承認した。完了は来年1-3月期中の見込み。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、

--* (813) 3201-8867 hshibata@bloomber.net     Editor:Kobari

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE