コンテンツにスキップする

新日鉄が反落:国内景気の不透明感で-アルセロール出資報道は反応薄

新日本製鉄の株価が3日ぶりに反落。 株価は前週末比2円(1.4%)安の144円(午前9時36分現在)。日銀が13日 に発表する12月の企業短期経済観測調査(短観)を控え、国内景気の不透明感 が広がっていることが、景気に敏感な鉄鋼株売りにつながったようだ。

市場では新日鉄株の反落について「日銀短観で国内景気のピークアウトが 示されるとの見方から、鉄鋼株をとりあえず売る動きが出た」(みずほインベス ターズ証券の鈴木博行・調査部シニアアナリスト)との指摘が出ている。

7日付の日本経済新聞は、新日本製鉄と上海宝山鋼鉄が計画している上海 での自動車用鋼板の合弁事業にアルセロール(ルクセンブルク)も参加する方 向で最終調整に入ったと報じた。新日本製鉄と上海宝山鋼鉄の同合弁事業が以 前に発表された段階で「株価にはある程度織り込まれていたため、大きなイン パクトはない」(新光証券・企業投資調査部の三澤宏通アナリスト)との見方が 出ている。みずほの鈴木氏は「(アルセロールの参加は)良い話としてとらえて いるが、きょうの株価には影響していない」と述べた。

東京 桑子 かつ代  Katsuyo Kuwako --* (03)3201-8311 kkuwako@bloomberg.net Editor:

種類・地域別ニュース 中国 NI CHINA 合弁 NI VNT アジア商品チーム NI ACOMMODS 鉄鋼 NI STL 日本・全ト ップニュース NI JKTOP アジア NI ASIA 金属 NI MET 企業 NI KIGYOU 金融市場 NI JMALL 企業 NI COS

日本経済全ニュース NI JEALL ブルームバーグ記者執筆記事 NI BNSTAFF 商品 NI CMD

NI JCMD 日本 NI JAPAN ルクセンブルグ NI LUXEM 欧州 NI EUROPE 通貨ユーロ導入諸国 NI EMC フランス NI FRA

##

##

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE