米経済ニュースサマリー:S&P拒否、ベリタス見通し、クエスト訴訟

米金融経済、企業動向に関する主なニ ュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎S&P、米10州の要請拒否-オフショア企業のS&P500からの除外で

米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は5日、複合大手タイコ・ インターナショナルなど米国以外の国籍を持つオフショア企業をS&P500種 株価指数から除外する案を拒否した。同案はカリフォルニアなど米10州の財務 当局者が要請していた。

--------------------------------------------------------------------- ◎ベリタスCEO:人員採用計画を縮小-来年は「力強い年」に

データ管理ソフトメーカー、米ベリタス・ソフトウエアのブルーム最高経 営責任者(CEO)は5日、ブルームバーグ・テレビジョンとのインタビュー で、人員採用計画を縮小したことを明らかにするとともに、来年は需要が増加 するとの見通しを示した。

--------------------------------------------------------------------- ◎米司法省、エンロンのファストウ元CFOを追起訴の方針

米司法省は5日、経営破たんした米エネルギー卸売会社エンロンのファス トウ元最高財務責任者(CFO)を追起訴する方針を明らかにした。同氏は先 月6日、詐欺やマネーロンダリング(資金洗浄)など78の罪に問われた刑事訴 訟で無罪を主張した。

--------------------------------------------------------------------- ◎タイコ、資金調達の幹事証券にM・スタンレーとBOAを起用-関係者

経営難に陥っている米複合大手のタイコ・インターナショナルが、最高45 億ドルの資金調達の幹事証券に、従来のゴールドマン・サックス・グループ、J. P.モルガン・チェース、シティグループに代わって、モルガン・スタンレー とバンク・オブ・アメリカを起用したことが、事情に詳しい複数の関係者の話 で5日までに分かった。

--------------------------------------------------------------------- ◎クエストを債権者が提訴-債務スワップ計画阻止で

資金難に陥っている地域通信大手の米クエスト・コミュニケーションズ・ インターナショナルの債権者グループが5日までに、同社が計画している総額 129億ドルの債務スワップを阻止するため、同社を相手取り訴えを起こした。

--------------------------------------------------------------------- ◎Kマート、元経営陣の社内調査を年内完了へ-代理人

経営破たんした小売り大手の米Kマートの代理人は5日、元経営陣に関す る社内調査を予定通り年内に完了する計画であることを明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎ユナイテッド航空:運航便とチケット販売は通常通り継続

経営破たんの危機にひんしている米UALのユナイテッド航空は5日、運 航便とチケット販売は通常通り継続すると発表した。運航路線を廃止する計画 もないという。

--------------------------------------------------------------------- ◎ボーイング:航空機リースの追加減損処理、UAL破たんでも必要なし

航空機最大手、米ボーイングのコンディット最高経営責任者(CEO)は 5日、UALが破産法の適用を申請した場合でも、同社への航空機リースにつ いて追加的に減損処理する必要はないと述べた。

--------------------------------------------------------------------- ◎メルク、来年利益は予想以上に-フォサマックスやシングレアの販売好調で

米製薬2位のメルクは5日、来年の1株利益は3.40-3.47ドルと、市場予 想平均の3.37ドルを上回る見通しであることを明らかにした。骨粗しょう症薬 「フォサマックス」やぜん息薬「シングレア」の販売が貢献するという。

--------------------------------------------------------------------- ◎ヒューマナ、従業員の17%を削減へ-医療費負担拡大やサービスの電子化で

管理医療サービス大手の米ヒューマナは5日、従業員の17%に当たる約 2300人を削減する計画を発表した。医療費負担の拡大や顧客サービスの電子化 が背景。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE