「フィット」が首位返り咲き、車種別11月販売-年間販売トップも目前

(第4段落以降と最後の各社別表を追加します)

東京 12月5日(ブルームバーグ):日本自動車販売協会連合会(自販連)が 5日発表した11月に国内で最も売れた登録車(排気量660cc超)は、ホンダの 「フィット」で、2カ月ぶりに首位に返り咲いた。

「フィット」の販売台数は2万6407台で、単月ベースでは発売以来の最高 を記録した。ホンダ広報部の岡本紀子氏によると、8月に3万台体制を整え、 9月に排気量1500ccのフィットを投入したことで販売台数が伸びたとしている。

トヨタ自動車の「カローラ」は2万2283台で2位に後退、日産自動車の「キ ューブ」が1万1522台で3位に浮上した。4位には、1万300台の販売台数で 日産自の「マーチ」が入った。トヨタの「イスト」は、9607台と1万台割れし て、10月の3位から5位に順位を落とした。

フィットが逃げ切り体制

2002年1月からの累計販売台数は、1位がフィットで22万8692台、2位 はカローラで20万4585台となっている。自販連が統計を取り始めた1968年以 降、昨年まで33年間、年間(1月-12月)トップはカローラだった。

トヨタは今年後半、カローラの販売に力を入れ、10月の販売ではフィット からトップを奪い返した。これに対し、ホンダも排気量1500ccのフィットを市 場投入したことで逃げ切り体制を図り、残り1カ月を残して約2万4000台の差 をつけフィットがトップを維持。このため、初めて同車が年間販売台数でトッ プの座に就くことがほぼ確実となった。

軽自動車

軽自動車メーカー広報担当と全国軽自動車協会連合会が明らかにした数値 を基にブルームバーグ・ニュースが集計した結果によると、11月の軽自動車(排 気量660cc以下)販売では、10月に販売を開始したダイハツ工業の「ムーヴ」 が首位となった。2位はスズキの「ワゴンR」だった。

                   【11月の登録車販売台数】
       〔順位、車名、社名、台数、前年同月比(%)の順〕
1.「フィット」     (ホンダ)     26407台(+33.6)
2.「カローラ」     (トヨタ)     22283台(+16.5)
3.「キューブ」     (日産自)     11522台(2.1倍)
4.「マーチ」       (日産自)     10300台(2.2倍)
5.「イスト」       (トヨタ)      9607台( --- )
6.「アルファード」 (トヨタ)      8732台( --- )
7.「ノア」         (トヨタ)      7093台(3.4倍)
8.「モビリオ」     (ホンダ)      6734台( --- )
9.「ヴィッツ」     (トヨタ)      6368台(-30.7)
10.「エスティマ」   (トヨタ)      5858台(-43.0)

                【11月の軽自動車販売台数】

      〔順位、車名、社名、台数、前年同月比(%)の順〕
1.「ムーヴ」        (ダイハツ)  18468台(+55.2)
2.「ワゴンR」      (スズキ)    12626台(-28.4)
3.「アルト」        (スズキ)    11290台( --- )
4.「ライフ」        (ホンダ)    10131台(-32.2)
5.「eKワゴン」    (三菱自)     7767台(-51.4)
6.「ミラ」          (ダイハツ)   6978台(-26.8)
7.「MRワゴン」    (スズキ)     5538台( --- )
8.「プレオ」        (富士重)     5422台(-21.6)
9.「モコ」          (日産自)     3789台( --- )
10.「MAX」        (ダイハツ)   3378台(-34.1)
注:「アルト」には「アルト ラパン」の6482台が含まれている。

東京 井上 徹二 Tetsuji Inoue --* (03)3201-7297 teinoue@bloomberg.net Editor:Murotani

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE