米経済ニュースサマリー:RJレイノルズ人員削減、社債相場下落ほか

米金融経済、企業動向に関する主なニ ュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎RJレイノルズ:従業員の8%削減-業績見通しを修正

米2位のたばこメーカー、R.J.レイノルズ・タバコ・ホールディング スは4日、高額ブランドの需要低下を背景に、従業員の約8%に当たる635人 の削減と業績見通し修正を発表した。人員削減などに伴い、第4四半期(10- 12月)に1億4500万ドル(約180億円)の特別損失を計上する。ことしの予想 1株利益は、従来の「最大6.40ドル」から「6.05-6.10ドル」に引き下げられ た。

--------------------------------------------------------------------- ◎北東部の電力価格が3日続伸-厳冬で暖房需要が増加

米北東部では4日、厳冬による暖房需要の増加を受け、電力価格が3日連 続で上昇した。同地域の翌日物卸売電力価格は1メガワット時当たり前日比

4.55ドル(8%)高の61.30ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎J.D.エドワーズ、株価下落-11-1月期の業績下方修正で

企業向けソフトウエアメーカー、米J.D.エドワーズは4日、株価が11% 下落した。顧客企業の情報化投資需要の低迷を理由に、第1四半期(11-1月) の利益と売上高の見通しを下方修正したのが響いた。終値は1.588ドル(11%) 安の12.64ドル。年初からの下落率は23%。

--------------------------------------------------------------------- ◎社債相場:フォードやディズニーを中心に下落-先行きの業績懸念で

4日の米社債相場は、フォード・モーター、ゼネラル・モーターズ(GM)、 ウォールト・ディズニーを中心に下落。売上高や利益は予想を下回るのではな いかとの懸念が広がるなか、日本時間5日午前6時55分現在で、大手発行体20 社のうち16社の10年物社債で米国債との利回り格差が拡大した(ブルームバ ーグ調べ)。

--------------------------------------------------------------------- ◎ピープルソフトCEO:顧客企業の情報化投資、来年も拡大の計画なし

企業向けソフト大手、米ピープルソフトのコンウェイ最高経営責任者(C EO)は4日、ブルームバーグ・テレビジョンのインタビューに対し、顧客企 業は来年も情報化投資の拡大を計画していないとしたうえで、他社のシェアを 奪うことにより業績を拡大する意向であることを明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎ユナイテッド航空:11月の航空量は前年比7.7%増-2000年比では18%減

世界2位の航空会社、ユナイテッド航空は4日、11月の航空量(有償旅客 運航マイル)が、対米同時テロの影響を受けた昨年同期に比べ7.7%増加したこ とを明らかにした。ただ、2000年11月に比べると18%減にとどまっている。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、

--* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net     Editor:Kobari

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE