エルピーダ社長:来期の設備投資、700億円程度目指す

NECと日立製作所のDRAM(記憶 保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)統合会社であるエルピーダ メモリの坂本幸雄社長は4日、投資家向け説明会で、生産能力増強のため、来 期の設備投資額を700億円程度に増やしたいとの意向を明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。