パソナなど人材派遣関連株が上昇、厚生労働省が人材派遣の規制緩和

パソナが前日比8000円(3.6%)高の 22万8000円など人材派遣関連株が上昇。厚生労働省が人材派遣の規制緩和とし て工場への派遣を解禁するなどの項目を盛り込んだ案を来年の通常国会に提出 するとの一部報道をきっかけに、人材派遣事業を手がける企業が新たな事業領 域に進出して売り上げを伸ばすとの期待が高まった。

パソナのほか、クリエアナブキ4万5000円(32%)高の18万5000円、フ ルキャスト2万円(7.2%)高の29万5000円、インテリジェンス3000円(1.9%) 高の15万5000円なども高い。

新光証券のエクイティ情報部・三浦豊課長は、「事業領域が広がりビジネス チャンスが増える好材料。企業のリストラ加速で派遣の対象者は増えており、 こうした措置がとられれば人材派遣を活用する企業が増加し、ビジネスチャン スの拡大につながるだろう」と指摘する。

4日付の日経新聞によると、厚生労働省は人材派遣の対象業務に製造業務 を加える意向。派遣期間は当面最長1年とし、最長3年にする、という。この ほか営業や販売といった一般業務の派遣期間も1年から3年に伸ばすもよう。

東京 浅井 真樹子 Makiko Asai --*(03)3201-8955 masai@bloomberg.net Editor:Ushiroyama

地域別ニュース: 株式ニュース

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE