コンテンツにスキップする

米経済ニュースサマリー:情報化投資見通し、オンライン通販好調ほか

米金融経済、企業動向に関する主なニ ュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎企業の情報化投資、今後1年間で約5.1%増加へ-米誌調査

企業の今後1年間の情報化投資が、前年同期に比べ約5.1%増加する見通し であることが、米誌CIOマガジンが企業幹部301人を対象に集計した月間ア ンケート調査の結果、2日までに分かった。1カ月前の同4.4%増に比べ、見通 しは上方修正された。

--------------------------------------------------------------------- ◎ウォルマートやシアーズの社債:国債との利回り格差が縮小-販売好調で

2日の米債券市場では、ウォルマート・ストアーズ、シアーズ・ローバッ ク、トイザラスの社債と国債の利回り格差が縮小した。米小売りチェーンの感 謝祭明け3連休の販売成績が好調だったことによる。

--------------------------------------------------------------------- ◎メットライフ、起債総額8億ドルへ-関係者

米生保最大手メットライフが、総額8億ドル(約1000億円)の起債を計画 していることが、事情に詳しい関係者の話で2日までに分かった。期間は10年 と30年。メリルリンチとワコビアが幹事証券を務めるという。

--------------------------------------------------------------------- ◎米連邦裁陪審、ジョージア傘下フォートの主張退ける評決-特許侵害訴訟で

紙皿製造の技術特許をめぐり、米紙パルプ大手ジョージア・パシフィック 傘下フォート・ジェームズが、同業の米ソロ・カップを相手取り、最大9600万 ドルの損害賠償を求めて訴えていた裁判の評決が2日までにあった。ミルウォ ーキーの連邦裁判所の陪審団は、ソロの製品はフォートの特許を侵害していな いと判断し、フォートの主張を退ける評決を下した。

--------------------------------------------------------------------- ◎米オンライン通販:感謝祭後の週末の売上高が大幅に増加

小売業者やアナリストの話によると、米インターネット通販業者の感謝祭 明け週末の売上高は大幅に増加した。コスト意識の強い消費者が、買い物の場 を従来型の小売り店舗からオンライン通販サイトに移したのが背景。

--------------------------------------------------------------------- ◎アトラス・エア、ドイツ銀に対する債務でデフォルト

過去2年以上の決算の再計上を強いられている米貨物航空サービス会社ア トラス・エア・ワールドワイド・ホールディングスは2日、ドイツ銀行に対す る債務でデフォルト(債務不履行)に陥ったことを明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎マクドナルド:ボリビアの全店舗とデンマークの13店舗を閉鎖へ

外食店チェーン最大手、米マクドナルドは2日、ボリビアの全店舗とデン マークの13店舗(全体の14%)を閉鎖する方針を明らかにした。175店舗を閉 鎖し、3カ国から撤退する計画の一環。

--------------------------------------------------------------------- ◎コネティカット州、職員3000人削減へ-財政赤字圧縮で

1人当たりの年間所得が全米50州で最も高いコネティカット州は2日、税 収の落ち込みに伴う財政赤字削減に向け、3000人の職員を解雇する計画を明ら かにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎カーニバルの大型客船でまたウィルス感染症状-乗客190人が発病

クルーズ船運営最大手の米カーニバルは2日、大型客船「ファッシネーシ ョン」の乗客約190人がウィルス感染症状を起こしたと発表した。これまでに 同社やウォルト・ディズニーの客船の欠航原因になったウィルスと同種とみら れている。

--------------------------------------------------------------------- ◎J.C.ペニー:感謝祭後2日間の売上高は前年同期比「大幅」増

米百貨店チェーン2位のJ.C.ペニーは2日、感謝祭後2日間の売上高 は、前年同期を「大幅に」上回ったと発表した。同社はまた、12月の既存店売 上高は前年同月に比べ、1けた台前半の伸びになるとの見通しを示した。

--------------------------------------------------------------------- ◎オフィスマックス:感謝祭翌日の売上高は過去最高

米オフィス用品小売り3位のオフィスマックスは2日、感謝祭翌日29日の 売上高がほぼ3000万ドルと、過去最高を記録したことを明らかにした。前年同 日の約2倍。デジタルカメラ、プリンター、家具などの販売が好調だった。

--------------------------------------------------------------------- ◎エル・パソの長期発行体格付けを「BB」に3段階引き下げ-S&P

米大手格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は2日、米 天然ガス大手エル・パソの長期発行体格付けを「BBB」から、投資不適格(ジ ャンク)級となる「BB」に3段階引き下げた。資金調達のために、追加的な 資産売却を強いられる可能性があることを格下げの理由に挙げている。格付け 見通しは、将来引き下げの可能性がある「ネガティブ」に据え置かれた。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、

--* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net     Editor:Kobari

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE