スイスABBをジャンク級の「Ba2」に2段格下げ-ムーディーズ

大手格付け会社の米ムー ディーズ・インベスターズ・サービスは31日、欧州最大の電機エンジニアリン グ会社、スイスのABBの優良債務格付けを、投資適格級で最下位の「Baa 3」から、ジャンク(投資不適格)級の「Ba2」に2段階引き下げた。長期 格付け見通しについては、引き続き引き下げ方向で検討するとした。短期債務 格付けについては、ジャンク級の「ノット・プライム」で据え置いた。

ムーディーズは、今回の格下げは「業績とキャッシュフロー生成能力の後 退、多額の借り換えの必要性、さらにリストラ計画の推進や主要な資産売却に 関連したリスクを反映している」と指摘。同時に「アスベスト被害訴訟問題を めぐる不透明性も、格下げの要因となった」とした。同社が24日発表した第3 四半期(7-9月)の赤字額は1億8300万ドルと、前期の1300万ドルから拡 大した。

ムーディーズはまた、現在のABB格付けは、負債圧縮戦略のかなめであ る金融部門売却を順調に終えることを想定したものであると説明。これが実現 すれば当面、「Ba2」の格付けを維持できる見込みとした。ABBはことし 9月、金融部門の大半を米大手総合電機メーカーのゼネラル・エレクトリック (GE)に売却することで合意しており、欧州独禁当局から承認され次第、同 資産売却を完了させる計画だ。

ロンドン 大河内 啓子 Keiko OKOCHI --* (44-20) 7300-7289 kokochi@bloomberg.net  Editor: Kawai

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE