東京大気汚染訴訟:国や都などに7920万円賠償命令-東京地裁(2)

共同通信の報道によると、東京都内 のぜんそく患者ら99人が自動車の排ガスによる大気汚染で病気になったとして 国と都や自動車メーカー7社などに22億円余りの損害賠償と汚染物質の排出差 し止めを求めた「東京大気汚染訴訟」で東京地裁は29日、原告の訴えの一部を 認めて国や都などに賠償を命じた。

東京地裁の高橋利文裁判長が国などに命じた賠償額は、未認定患者1人を 含む7人分で総額7920万円、未認定患者への賠償を認めたのは初めてとしてい る。一方では自動車メーカー7社への請求は棄却したという。また報道による と、汚染物質の排出差し止め請求は認められなかった。

共同通信によると、この裁判で原告は「汚染物質の排出が格段に多いディ ーゼル車の生産を拡大してきたメーカーは道路公害の元凶」と大気汚染訴訟で は初めて自動車メーカーの責任も問い、1996年に提訴していた。

さらに原告は都心をクモの巣状に走る100本余りの幹線道路からの「面的 汚染」による被害を訴えていたという。これに対し国などは排ガスとぜんそく などの因果関係は明らかになっていないと反論し、各メーカーも責任を否定し ていたという。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor:Hinoki

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE