米経済ニュースサマリー:シグナ、NCR、バイアコム、ネクステル

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎シグナ:7-9月期と通期の利益見通しを下方修正-一部コストの増加で

保険大手の米シグナは24日、ことし第3四半期(7-9月)とことし通期 の利益見通しを下方修正した。健康保険部門の保険金支払いや一部コストの増 加が響いた。

--------------------------------------------------------------------- ◎エミュレックスの7-9月期:黒字3200万ドル-株価大幅高

コンピューター周辺機器メーカー、米エミュレックスが24日発表した第1 四半期(7-9月)決算は、純損益が4000万ドル(1株当たり0.49ドル)の 赤字だった前年同期に対し、3200万ドル(同0.37ドル)の黒字となった。売り 上げ増加のほか、税法上の特典に伴う利益などが貢献した。決算発表を受けて 株価は一時13%高。

--------------------------------------------------------------------- ◎世界の社債デフォルト率:2004年ごろまでは平均以上に-S&Pが見通し

米大手格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は24日、世 界の社債のデフォルト(債務不履行)率は2004年ごろまで平均水準を上回る推 移が続くとの見通しを示した。国内総生産(GDP)の成長鈍化や株式市況の 悪化が背景。

--------------------------------------------------------------------- ◎ベリサインの7-9月期:赤字縮小-利益見通し下方修正で株価5.5%安

インターネット用セキュリティー・サービス大手の米ベリサインが24日発 表した第3四半期(7-9月)決算は、純損失が7970万ドル(1株当たり0.34 ドル)と、前年同期の3億8670万ドル(同1.91ドル)に比べ赤字幅が縮小し た。顧客がインターネット・ドメイン名(アドレス)の新規登録を増やしたの が背景。売上高は同18%増の3億140万ドル。一方、市場予想を下回る第4四 半期(10-12月)の利益見通しを示したのが嫌気され、時間外取引で株価は5.5% 安と大幅に下落した。

--------------------------------------------------------------------- ◎ネット2フォン:従業員の20%削減へ-一部事業を統廃合

経営難に陥っているインターネット電話サービス大手の米ネット2フォン は24日、全従業員の約20%に当たる63人を削減するとともに、一部事業を統 廃合すると発表した。

--------------------------------------------------------------------- ◎アスベスト健康被害訴訟:ユニオン・カーバイドが敗訴-陪審評決

アスベストの健康被害をめぐる訴訟で、米ウエストバージニア州裁判所の 陪審は24日、化学大手ダウ・ケミカル傘下ユニオン・カーバイドの従業員が職 場で被害にあった責任は同社にあったとする評決を下した。

--------------------------------------------------------------------- ◎NCRの7-9月期:黒字4100万ドル-コスト削減で、売上高は4.5%減

ATM(現金自動預払機)メーカー最大手の米NCRが24日発表した第3 四半期(7-9月)決算は、コスト削減を支えに、純損益が600万ドル(1株 当たり0.07ドル)の赤字だった前年同期に対し、4100万ドル(同0.42ドル) の黒字となった。データベースソフトの台頭で、ATMやレジスターのシェア が奪われ、売上高は同4.5%減の13億8000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎エクスペディア、株価11%高-売り上げ見通しの上方修正を好感

インターネット旅行代理店最大手の米エクスペディアは24日、株価が11% 高と大幅に上昇した。同社が23日の取引終了後に、第4四半期(10-12月)と 来年通期の売り上げ見通しを上方修正したのが好感された。

--------------------------------------------------------------------- ◎ナスダック、IPO計画を来年4-6月期に先送りへ-CEO

米店頭株市場を運営するナスダック・ストック・マーケットのシモンズ最 高経営責任者(CEO)は24日、同社の新規株式公開(IPO)の実施を当初 予定していた来年1-3月期から同4-6月期に先送りする方針であることを 明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎クライスラーの主張を棄却-死亡横転事故めぐる控訴審

独ダイムラー・クライスラー傘下クライスラーのピックアップトラック「ド ッジ・ラム」(1992年式)が横転し、男性が死亡した事故をめぐる裁判で、シン シナティ連邦高裁は24日までに、ケンタッキー州の男性の遺族に賠償金324万 ドル(約4億円)を支払うよう命じた陪審評決を不服としていたクライスラー の主張を棄却する判決を下した。

--------------------------------------------------------------------- ◎バイアコムの7-9月期:黒字6億4030万ドル-広告収入の増加で

メディア大手の米バイコムが24日発表した第3四半期(7-9月)決算は、 純損益が1億9040万ドル(1株当たり0.11ドル)の赤字だった前年同期に対 し、6億4030万ドル(同0.36ドル)の黒字となった。広告収入の同14%増加 や買収関連費用の減少が貢献した。売上高は同10%増の63億1000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎ネクステル7-9月期:黒字3億8300万ドル-売上高26%増

米携帯電話5位の米ネクステル・コミュニケーションズが24日発表した第 3四半期(7-9月)決算は、純損益が1億5000万ドル(1株当たり0.27ド ル)の赤字だった前年同期に対し、3億8300万ドル(同0.55ドル)の黒字と なった。黒字は2四半期連続。加入者の増加を支えに、売上高は同26%の22 億8000万ドル。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE