米タイコ7-9月期:17億ドルの赤字-過去3四半期決算を下方修正

米複合大手タイコ・インターナショナルが24日発表した第4四半期(7-9月) 決算は、純損益は継続事業ベースで赤字となった。決算発表と同時に過去3四 半期の決算について、安全システム部門ADTの会計処理手法の変更を理由に 下方修正した。

7-9月期の純損失は継続事業ベースで17億ドル(1株当たり85セント)。 前年同期は継続事業ベースで11億9000万ドル(同62セント)の黒字だった。 売上高は93億6000万ドルで、前年同期の85億1000万ドルを上回った。フリ ーキャッシュフロー(純現金収支)は約13億ドルだった。

タイコは今年度第1-第3四半期決算について、ADTでの経費の計上方 法変更などに伴い、税引き前利益を合計1億3300万ドル程度、下方修正した。

第1四半期(10-12月)の1株利益は継続事業ベースで30-33セント、通 期は1.50-1.75ドルになる見通し。調査会社トムソン・ファースト・コールが まとめたアナリスト予想平均はそれぞれ約40セント、1.72ドルとなっている。 同社によると、フリーキャッシュフローの予想範囲は10-12月がゼロ-3億ド ル、来年度通期は25億-30億ドル。

ニューヨーク証券取引所でタイコ株は朝方から買い先行。ブリーン最高経 営責任者(CEO)が、銀行は同社を「投資適格水準」とみなしていると述べ たことなどが買い材料で、午前10時53分現在、前日比11%高の15.47ドルと 急上昇している。

ボストン Rachel Layne 、 ボストン 山口 裕子 Yuko Yamaguchi 、 --* (617) 338-5819 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Yamahiro

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE