米国株【個別銘柄】:AT&Tワイヤレス、タイコ、バイアコム、AOL

24日の主な銘柄は以下の通 り。

AT&Tワイヤレス・サービシズ(AWE):1ドル(18%)高の6.45ドル。 携帯電話のAT&Tワイヤレスは、第3四半期(7-9月)に一部アナリストの 予想以上に加入者数を増やした。スプリントPCS(PCS)などライバル会社 もつれ高。

タイコ・インターナショナル(TYC):1.55ドル(11%)高の15.49ドル。 複合製造業タイコ・インターナショナルの会計処理に関する社内調査を担当する ボイズ弁護士は、今のところ調査で「非常に大きな不正」が見つかる可能性はな いとの考えを示した。

バイアコム(VIA):2.86ドル(6.1%)安の44.32ドル。メディア大手 のバイアコムは、一段の景気減速による広告事業の伸び悩みが懸念された。モル ガン・スタンレーのアナリスト、ビロッティ氏は同社の投資判断を引き下げた。

AOLタイム・ワーナー(AOL):1.02ドル(7.5%)高の14.55ドル。 メディア大手のAOLタイム・ワーナーの第3四半期(7-9月)決算は黒字を 確保した。インターネット関連サービスを除いたすべての事業部門で増収となっ たのが寄与した。

ダウ・ケミカル(DOW):2.57ドル(9.3%)安の24.97ドル。化学大手 ダウ・ケミカルの第3四半期(7-9月)利益は予想を下回った。同社は、原料 コスト上昇に対応し、2002年の設備投資を2割削減する。

ハウスホールド・インターナショナル(HI):3.62ドル(14%)安の22.83 ドル。消費者金融のハウスホールド・インターナショナルは、借り入れコストの 上昇懸念から売られた。

LSIロジック(LSI):77セント(15%)高の5.81ドル。半導体のL SIロジックの第3四半期(7-9月)決算は、1株当たり7セントの損失とな り、前年同期(1.09ドルの損失)に比べて赤字が縮小した。

エレクトロニック・アーツ(ERTS):終値は65.85ドル。時間外取引で は一時68.60ドルに上昇。ゲームソフト大手のエレクトロニック・アーツが24 日遅くに発表した第2四半期(7-9月)決算は、1株利益が34セントとなり、 調査会社トムソン・ファースト・コールがまとめたアナリスト予想平均(17セ ント)を上回った。

エミュレックス(ELX):終値は13.80ドル。時間外取引では一時15.63 ドルに上昇。コンピューター周辺機器のエミュレックスは、第2四半期(10-12 月)の1株利益が一部費用を除いたベースで19セントになるとの見通しを示し た。ファースト・コールがまとめたアナリスト予想平均は17セントだった。

プリンストン Jonathan Makeほか、 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo、

升井 恵美 Megumi Masui、 --* (03) 3201-7499 kshugo@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE