米JPモルガン、約2割の人員を削減-日本除くアジア投資銀行部門で

米銀2位のJ.P.モルガン・チェ ースが、日本を除くアジアの投資銀行部門で今週、従業員450人のうち約2割 を解雇したことが、複数の従業員の話で17日分かった。収益悪化に伴う世界的 な人員削減の一環。

それによると、解雇されたのは、シンガポールの証券部門責任者オリビア ー・ストッカー氏、日本を除くアジア地域の自己売買部門責任者マイケル・ア レキサンダー氏、台湾地域の責任者ジョゼフ・イェー氏など、アジア地域の従 業員90人余り。うち13人はマネジングディレクターだったという。

ハリソン最高経営責任者(CEO)は、世界全体で2000人以上の人員を削 減し、アジアと中南米の事業を縮小する計画。同社が16日発表した第3四半期 (7-9月)決算は、投資銀行部門の損失や通信会社に対する融資の減損処理 などが響き、純利益が4000万ドルと前年同期に比べ91%減少した。

スタンダード・ライフ・インベストメンツ(運用資産25億ドル)のサルト ン・ファンドマネジャーは「JPモルガンは、今後5年間を慎重に見据えてい る。投資銀行は、最悪期に人員を解雇し、回復するにつれて採用する傾向が強 い」と語る。

香港 Paul Scanlon ほか 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net     Editor:Kobari

参考画面:

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE