アデランスが反落、女性新規顧客用かつらが低迷-9月売り上げ30%減

かつらや理容美容器具などの製造・ 販売を行うアデランスが5営業日ぶりに反落。女性新規顧客用かつらの販売低 迷が響き、2002年8月中間期の連結純利益が従来予想を下回ったほか、決算と 同時に発表した女性新規顧客用かつらの9月売上高(速報ベース)は前年同月 比で30.3%減となったため、2003年2月期通期の業績に対して下ぶれ懸念が強 まった。

朝方売り気配で始まり、株価は一時、前日比120円(4.9%)安の2315円 まで下落。午前10時18分現在、同80円(3.3%)安の2355円となっている。

株価下落について、コメルツ証券の有上宏アナリストは、「女性新規顧客用 かつらは回復傾向にあるものの、今のトレンドのままでは、下期に10%減とす る会社計画の達成は難しく、通期の業績は下方修正される可能性が残っている」 と指摘した。

同社が16日発表した2002年8月中間決算によると、連結純利益は前年同 期比48%減の22億5400万円となった。従来予想39億円を42%下回った。景 気低迷が長引くなか、個人消費の回復にはまだ時間がかかるとみており、2003 年2月期通期も減益を予想。連結純利益は前期比27%減の67億円を見込む。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki --* (03)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Editor:Ushiroyama

産業別ニュース:JBN17

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE